膣のゆるみ改善して女性の魅力をUP!|レディのお悩み相談所

笑っている女性

トラブルを予防

悩んでいる女性

骨盤底筋などの筋力が低下してくると、女性の場合、多少の刺激で失禁する可能性があります。失禁トラブルを予防する為には失禁ショーツを履いておくといいでしょう。外出時にも安心できます。

この記事を読む

黒ずみと痛みの悩み

女性

婦人科では、さまざまな形成施術を行なっています。その中には、小陰唇縮小手術が含まれているでしょう。小陰唇とは、膣入り口にあるビラのことを差し、細かな異物が入らないよう蓋のような役割をもっています。

この記事を読む

臭い解消する石鹸

困っている女性

女性のデリケートゾーンとなるあそこは、湿気が溜まりやすいことから臭いが生じやすいものでしょう。臭いを綺麗になくす為には、あそこ専用となる石鹸を使用することです。低刺激なものを選ぶようにしましょう。

この記事を読む

自信を取り戻す

女の人

婦人科では、女性が抱えるデリケートな悩みを解消することができます。その中には、性行為において男性が物足りなさを感じる膣のゆるみがあるでしょう。膣は膣トレーニングをすることでその圧力を高めることができますが、出産を繰り返すことによって圧力を取り戻すことが難しくなっていきます。膣トレーニングをせずとも膣のゆるみを改善するのであれば、婦人科にて膣縮小手術を受けるといいでしょう。膣縮小する方法には、レーザーを用いるものから、メスを用いるものまで幅広く揃っているので、自分の好きな施術法を選択することができます。

膣縮小はデリケートな箇所の施術となるので、実績豊富な医師がいる美容外科を選ぶといいでしょう。膣のゆるみを改善できると、失ってしまった女性の自信を取り戻すことができる為、美容外科選びは慎重に行なうことです。膣のゆるみは、出産をする際に骨盤底筋が下へ下がってしまうことで生じてしまうでしょう。性行為の際に、男性にとって物足りなさを感じるという指摘をキッカケに、手術を決意する女性も少なくありません。

緩みの症状は、軽度、中度、重度に分けられており、症状の重さによって施術法を提案されることもあるでしょう。レーザーによって膣の圧力を高める施術は、軽度の人に最適なものとなります。しかしゆるみの症状が重度の場合、メスを用いて膣壁を狭める為に切除し縫い合わせる方法をとるといいでしょう。劇的に膣圧を高めることができるので、その変化を確かに実感できますが、術後、数ヶ月は性行為を避けるようにしましょう。